茅ケ崎美術家協会

 

茅ヶ崎美術家協会史

昭和23年ごろ、教員等を中心に三橋兄弟治氏(水彩連盟)をリーダーに絵画サークルとして、市内学校の体育館や県青少年センターで展覧会をしていたが市と意見が合わず解散、1970ごろより土井俊康(独立)・田沢茂(新制作)・鶴田毅(一陽会)・西野久子(独立)氏らの絵画に対する熱意とプロの画家の会を作りたいというのを受け河野日出雄(元現童会会長)及び臼井恵之介氏(新制作)らと東京都美術館で活動する作家を中心に茅ヶ崎美術家協展を結成 小山敬三画伯・青山義雄画伯の出品協力を頂き本格的絵画展を 1971.1972年(昭和46、47年に名称を茅ヶ崎美術家協会とし茅ヶ崎美術家協会展をフジミ名店デパート翌年さいか屋で開催する、それをきっかけに市民文化会館大ホールの緞帳に小山敬三画伯の「浜降祭」を提供していただいた。

その後若手事務局になり茅ヶ崎市民文化会館開館まで中断1983年(昭和58年)には市民文化会館の完成に伴い公募展になり市と共催展として再開しました。その後茅ヶ崎市美術館開館に伴い現在に至る

故田澤茂氏

故土井俊康氏

故西野久子氏

故鶴田猛氏

 

 

 

UP

top